水道工事業者に依頼しなくても修理できる場合がある

水道の修理を行う場合には、通常業者に依頼するのが一般的ですが、蛇口から水漏れしている程度の場合には、自分で直せるケースもあります。そこで自分で直せる事例と、工事業者に依頼しないといけない事例を紹介します。

蛇口 交換は業者に頼む

蛇口も時間の経過と共に劣化してくるので、劣化が激しい場合には蛇口 交換が必要です。錆が混じっている場合や、大量に水漏れしている場合には、業者に修理を依頼する必要があります。自分で修理しようとすると余計に酷くなってしまうこともあるため、触らない方が無難です。このような場合には蛇口 交換で改善されることもありますし、水道管の修理や交換が必要になるケースもあるでしょう。

■パッキンの交換だけなら自分でもできる

蛇口から少量の水が漏っている場合には、パッキンの劣化が原因である可能性もあります。この場合には、蛇口 交換も特に必要ありませんし、修理も自分で行うことができるのです。まずは自宅で使用している蛇口にきちんと合うパッキンを購入して、交換すれば修理が完了です。ただし、自分でやるのはどうしても自信がないという場合は、やはり工事業者に依頼をした方がよいでしょう。そうすれば失敗する可能性もまずありません。

■まとめ
大量に水が漏れている場合や、錆が混じっている場合は自分で対策はできません。余計なことはしないで業者に依頼しましょう。少量の水が漏れている場合には、パッキンの劣化が原因の可能性が高いので、自分でも修理は可能ですが、自信がなければ業者に頼む方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ