配管の修理は水道工事業者に依頼するか自分で直すか

水道 修理を行う場合には、自分で行うか工事業者に依頼するかで分かれるでしょう。配管の工事を行う必要がある場合には、ある程度自分で修理方法を把握しておくことで、業者が来るまで応急処置ができるようになります。

■配管を自分で直す場合には道具が必要

それほど水道 修理が難しくない場合には、自分で直すことも可能です。また、修理方法を知っておくことで、工事業者が来るまでの応急処置を行うこともできます。しかし、自分で行う場合には道具がないとできません。必要になる道具は、六角レンチやプライヤースライドレンチなどが必要になります。他にもあると便利な工具類があるので、万が一のときに備えて、必要な物を揃えておくのもよいでしょう。

■無理をしないで業者に依頼する

蛇口のパッキン交換程度であれば、自分で水道 修理をして解決することもあります。しかし、配管の場合には自分で修理できない場合も多いので、やはり万全を期すために業者へ依頼した方がよいでしょう。ただし、直す方法を知っておけば、業者が来るまでの応急処置ができるようになるので、覚えておいて損はありません。特に深夜や早朝は修理代が高くなるので、応急処置ができた方がよいでしょう。

■まとめ
配管の工事は素人ではそう簡単にできませんので、水道 修理は業者に依頼するのが鉄則です。しかし、必要な道具を揃えて修理方法を知っておけば、万が一のときの応急処置ができるようになりますし、多少技術のある人であれば、ちょっとした水漏れぐらいなら直すこともできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ